日常の美容に関するblog♡
Show MenuHide Menu

恋愛と結婚に対する男女の違い

2015年6月19日

恋愛や結婚に関する考え方の違いは、性別によって顕著です。

多くの男性の場合、未婚時の恋愛相手に求めるのはルックスやスタイルなどの外見的な部分が多いようです。

加えて、一緒にいて楽しかったり話が合ったりという、どちらかといえばフィーリングを重視して付き合う相手を選ぶ傾向にあります。

つまり、恋愛の先に結婚を見据えているわけでなく、今を共に楽しむ相手としてしか捉えていないということなのです。

だから、多少の性格の欠点や会話の食い違いなどもある程度我慢をすることができます。

しかし結婚を意識する年齢になると、パートナーに求める条件が変化してきます。

ルックスなどの外面の条件よりも、性格などの内面に重点を置くようになります。

長い時間を共に過ごす相手として、緊張したり気を使い続けることなく、リラックスして日常を過ごせるかどうかが大事なのです。

そして金銭感覚や物事に関する価値観が合うかどうかも重要としています。

一方、女性の場合は恋愛と結婚を結びつける人が多いです。

しかし、恋愛の先に結婚を見据えているからこそ恋愛の時点で、パートナー選びは男性に比べて現実的な面もチェックしています。

もちろん若いうちは男性同様、好みのルックスや外見であることに重点を置く人もいますが、歳を重ねるごとに今が楽しければ良いという一過性の思いは減っていき、この先も一緒に居たいと思えるかどうかを重視する傾向にあります。

そのため、性格の欠点や違和感を感じることに対して敏感になります。

そして、結婚を意識する年齢になった女性は、相手の男性に求める能力や条件が厳しくなっていきます。

これは、より優れた遺伝子を取り込んで子供を後世に残したいという生存本能が働くためです。

このように恋愛に関しては、女性と男性とでは捉え方も考え方も異なるということが一目瞭然でした。

しかし、どちらにも共通するのは、結婚してこれから先一緒に暮らすパートナーとして相手を探すときは、慎重に相手を選んでいるということです。

恋愛の醍醐味は片思いにあります

2015年6月18日

恋愛という言葉から、人はどのようなことをイメージするでしょうか。

おそらく、ほとんどの人は、幸せそうなカップルの姿をイメージするでしょう。

遊園地でメリーゴーランドに乗ったり、映画館で二人一緒にポップコーンを食べている姿を思い描くかも知れません。

あるいは、オシャレなカフェで二人でケーキを分け合って食べたり、景色のきれいな遊歩道を腕を組んで散歩している姿がイメージされるかもしれません。

いずれにしても、お互いに幸福感に満ち溢れた男女の姿が、典型的なパターンだと言えるでしょう。

しかし、恋愛の醍醐味は、必ずしも仲睦まじいカップルだけが味わえるものではありません。

むしろ、相手に自分の気持ちを伝えられずにいる、片思いの期間こそが、もっとも恋愛の醍醐味を味わえるのではないでしょうか。

なぜならば、恋は人をとても成長させるものだからです。

その中でも、相手に自分の気持ちが伝わらないもどかしさや切なさは、人の心をより豊かにしてくれます。

例えば、人気のラブソングは、両想いの楽しさや幸せを歌ったものよりも、片思いの切なさや苦しさを歌ったもののほうが、圧倒的に名曲が揃っています。

このように、人は報われない思いにこそ、より共感し、感動を覚えるものなのです。

ですから、辛くて苦しい片思いの経験がある人こそ、より思いやりがあり、人間的な深みのある魅力的な人物へと成長していきます。

いわば、人生はある程度の浮き沈みがあった方が、より味わい深くなるというものです。

もしかしたら、片思いの間に経験したさまざまなことを書面に書き連ねれば、誰もが詩人になれるかもしれません。

そして、めでたく両想いになった時には、より一層その幸せを実感することができるでしょう。

また、失恋に終わってしまった場合でも、その経験を糧にして、次の機会にはより素晴らしい相手との出会いを期待することもできます。

片思いは、人生をより味わい深いものにしてくれる格好の機会でもあるのです。

 

-季節に気になる脇の黒ずみケアにこれかな♪ ピューレパール 黒ずみ